MENU

レディース鍼灸

女性の身体は、その成長とともに大きく変化していきます。第二次性徴が始まる前の幼児期から小児期までは、女子は男子より健康で育てやすいといわれています。ところが、思春期以降、男性と女性の健康状態は逆転していきます。第二次性徴移行期から女性としての身体が完成するまでの思春期になると、女性ホルモンの分泌が始まることで、様々な身体の変化が起こります。乳房が膨らみだす、初潮を迎える、恥毛や脇毛が生えるなど、その変化は特に大きい時期です。初潮以降、月経を繰り返すことで女性ホルモンの作用を受け、子宮は成長していき、20代から30代後半までの性成熟期には、身体が妊娠や出産の準備を整えます。女性ホルモンの分泌が盛んな30~35歳ころは、子宮筋腫や子宮内膜症といった疾患が起こりやすい時期とも言えるでしょう。40代半ばごろを過ぎると、通常であれば更年期に入ります。更年期とは、閉経の前後5年の約10年ほどを言い、女性ホルモンの分泌が低下することから、自律神経失調症などによる更年期障害や、高脂血症、骨粗鬆症などの病気が起きやすくなります。更年期以降も加齢に伴い、生活習慣病やガンの発生率が増えてきます。このように、女性ホルモンの分泌が始まる思春期以降の女性の身体はとてもデリケートになり、それぞれのライフステージにおいて女性特有の様々な疾病が見られます。[主な疾患]そして、このような様々な疾患の引き金となっているのが、ホルモン分泌を司っている内分泌系の乱れです。内分泌系の乱れは、人の健康を保つための司令塔の役割をしている間脳視床下部に影響を与え、しいては自律神経系、免疫系にもマイナスの影響を与えてしまいます。レディース鍼灸は、女性のライフステージ毎に発生する様々な症状に対応し、内分泌系、自律神経系、免疫系のバランスを整え、間脳視床下部を中心とした健康を保つ仕組みを機能させ、本来人が持っている自然治癒力を賦活いたします。

女性の身体は、その成長とともに大きく変化していきます。
第二次性徴が始まる前の幼児期から小児期までは、女子は男子より健康で育てやすいといわれています。ところが、思春期以降、男性と女性の健康状態は逆転していきます。

第二次性徴移行期から女性としての身体が完成するまでの思春期になると、女性ホルモンの分泌が始まることで、様々な身体の変化が起こります。乳房が膨らみだす、初潮を迎える、恥毛や脇毛が生えるなど、その変化は特に大きい時期です。

初潮以降、月経を繰り返すことで女性ホルモンの作用を受け、子宮は成長していき、20代から30代後半までの性成熟期には、身体が妊娠や出産の準備を整えます。

女性ホルモンの分泌が盛んな30~35歳ころは、子宮筋腫や子宮内膜症といった疾患が起こりやすい時期とも言えるでしょう。

40代半ばごろを過ぎると、通常であれば更年期に入ります。更年期とは、閉経の前後5年の約10年ほどを言い、女性ホルモンの分泌が低下することから、自律神経失調症などによる更年期障害や、高脂血症、骨粗鬆症などの病気が起きやすくなります。

更年期以降も加齢に伴い、生活習慣病やガンの発生率が増えてきます。

このように、女性ホルモンの分泌が始まる思春期以降の女性の身体はとてもデリケートになり、それぞれのライフステージにおいて女性特有の様々な疾病が見られます。
[主な疾患]

そして、このような様々な疾患の引き金となっているのが、ホルモン分泌を司っている内分泌系の乱れです。内分泌系の乱れは、人の健康を保つための司令塔の役割をしている間脳視床下部に影響を与え、しいては自律神経系、免疫系にもマイナスの影響を与えてしまいます。

レディース鍼灸は、女性のライフステージ毎に発生する様々な症状に対応し、内分泌系、自律神経系、免疫系のバランスを整え、間脳視床下部を中心とした健康を保つ仕組みを機能させ、本来人が持っている自然治癒力を賦活いたします。