MENU

緑内障

緑内障とは眼の正常眼圧を越える眼圧の上昇や房水の循環障害などにより視神経が障害されて、視野などの視機能に異常をきたした病態をいいます。

近年では眼圧が正常範囲内にもかかわらず視神経や視野に緑内障の症状をきたす正常眼圧緑内障が増加傾向にあり、正常範囲を越える眼圧上昇だけが要因とはいえないことから、眼にとって視神経が障害されずに耐えうる健常眼圧という概念が重視されています。 緑内障は房水流出路の房水流出障害、あるいは房水の過剰生産によって眼圧が上昇する【開放隅角緑内障】と虹彩根部により隅角が閉塞されて眼圧が上昇する【閉鎖隅角緑内障】の2つに分類されます。開放隅角緑内障は鍼灸治療の適応疾患となっています。

閉塞隅角緑内障

瞳孔ブロックにより急激に眼圧が上昇して急性の緑内障発作をきたすことがあります。
急激な眼圧上昇の結果、急に目が痛くなり、頭痛、悪心・嘔吐などが起きて失明してしまう恐れのある緑内障です。
開放隅角緑内障に比べ発生頻度は少ないですが、症状が激しく短期間に失明することがありますので、早期診断・治療が必要となります。

開放隅角緑内障

房水の流出障害、あるいは房水の過剰生産により眼圧が高くなり、視神経が障害されることにより視野欠損や視力低下をきたします。
近年では眼圧が正常範囲内にもかかわらず緑内障の症状をきたすものや、眼圧が高くても障害が起きないものなどがあります。

当院の緑内障治療

下記のように、緑内障患者に対する直線偏光近赤外線療法による星状神経節照射が眼底血流を増加させ、視機能を改善あるいは維持させることが発表されています。当院は直線偏光近赤外線機器(スーパーライザー:SL)を備えた全国でも数少ない鍼灸院です。血流改善効果の高い鍼灸治療とSL光線療法による星状神経節照射を組み合わせることで、さらに治療効果を高めます。

「緑内障は治らないから」と諦める前に、ぜひ当院の緑内障治療をお試しください。

(抜粋)
近年、眼圧がコントロールされているにもかかわらず視野障害が進行していく緑内障や正常眼圧緑内障の視野異常は、眼圧だけの問題ではなく、眼循環不全による慢性虚血によってひき起こされている可能性が示唆されている。眼循環改善法の1つとして、星状神経節ブロックがあるが、手技もむずかしく患者への負担も大きい。この星状神経節ブロックに代わる方法として直線偏光近赤外線療法がある。これを使用し、正常人に星状神経節照射を施行したところ網膜動脈血管径が平均4.4%拡張した。この結果から上記緑内障性視神経障害に直線偏光近赤外線療法の星状神経節照射を応用したところ、視野の改善が得られた多数の症例を経験できた。直線偏光近赤外線療法による星状神経節照射は眼底血流を増加させ、視機能を改善あるいは維持させるという新しい知見が得られた

「直線偏光近赤外線療法による緑内障性視神経障害治療」―眼循環改善に向けてー
(森 茂)あたらしい眼科 Vol.17 No11 2000 別冊より