平成22年7月28日 船橋市 38歳女性 主婦

先生こんにちは。ご無沙汰しております。不妊治療でお世話になりました○○です。お正月に卵巣過剰刺激症候群のため婦人科病院に3週間入院し、その間に、おかげさまで妊娠が判明しました。退院後も自宅安静や通院等で鍼灸院に足が遠のき、ご報告がだいぶ遅れてしまいました。どうぞお許しください。さて、今回ご連絡いたしましたのは、先生の鍼灸院で逆子の治療をしていただけるのか教えていただきたかったからです。私は現在33週で9ヶ月です。30週の妊婦検診からずっと逆子が治らず、35週まで逆子のままだと帝王切開になるかもしれないと言われております。助産師さんに相談したところ、お灸で逆子が治る人もいるとのことで、できればまた先生にお世話になりたいと思っております。

先生こんにちは。ご無沙汰しております。不妊治療でお世話になりました○○です。
お正月に卵巣過剰刺激症候群のため婦人科病院に3週間入院し、その間に、おかげさまで妊娠が判明しました。
退院後も自宅安静や通院等で鍼灸院に足が遠のき、ご報告がだいぶ遅れてしまいました。どうぞお許しください。
さて、今回ご連絡いたしましたのは、先生の鍼灸院で逆子の治療をしていただけるのか教えていただきたかったからです。
私は現在33週で9ヶ月です。30週の妊婦検診からずっと逆子が治らず、35週まで逆子のままだと帝王切開になるかもしれないと言われております。

助産師さんに相談したところ、お灸で逆子が治る人もいるとのことで、できればまた先生にお世話になりたいと思っております。

患者様メモ

初診日平成21年8月27日
妊娠までの治療期間平成21年8月27日~平成21年12月28日(17週間)
妊娠までの治療回数20回
体外受精今までに人工授精4回、体外受精3回試みたが妊娠せずに当院を受診。
鍼灸治療を重ねる毎に、胃部不快感やお腹の張りなどが改善され、卵胞の育ちが良くなったとクリニックでほめられたことも。
平成21年12月25日にクリニックにて胚移植を行い、12月28日に移植後の鍼灸治療を行った。新年になってから治療にお見えにならなかったので心配していましたが、思いがけないメールですこし驚きました。
逆子の治療逆子の治療は30週を過ぎたら、できるだけ早く治療をしたほうが治る確率が高くなりますので、メールをいただいた翌日から鍼灸治療を開始。
7月29日、8月2日、8月3日の3回にわたり治療を行い、8月4日のクリニックの検診で逆子が正常に戻っていることが確認されました。