平成27年2月2日 船橋市 38歳女性 主婦

この度はご懐妊おめでとうございます。お手数をお掛け致しますが、 下記のご質問にお答え願います。 【Q1】どのような理由で鍼灸治療を受診なさったのですか。不妊に悩んでいたので、インターネットでこちらの鍼灸院が不妊治療を専門としていると知り受診しました。 【Q2】鍼灸による不妊治療に不安はありませんでしたか。以前にも鍼灸の治療を受けた事があったので、特に不安はありませんでした。 【Q3】たくさんある治療院の中で、カリカ鍼灸院を選んだ理由を、お聞かせください。自宅から近く駐車場完備で通いやすかったことと、女性専用で色々と細かなところまで気を配って下さる所が気に入りました。あとはカウンセリングで先生の優しく誠実なところにひかれて選びました。 【Q4】カリカ鍼灸院の治療内容についてご意見を、お聞かせください。初回の丁寧なカウンセリングに始まり、毎回の治療はいつも長い時間をかけて、とても丁寧な治療をして下さいます。鍼治療に加えてお灸やレーザーも取り入れた治療なので、例えば鍼が少し怖いと思っている方にも受診しやすい内容かと思います。治療が終わる頃には毎回とても気持ちが良く、心も身体もリラックス出来ました。 【Q5】ご懐妊なさった今のお気持ちを、お聞かせください。長い間子宝に恵まれず悩んでいたので、自分が妊娠している事が信じられないくらいです。ここまでこられたのは先生のお力添えがあっての事なので、感謝の気持ちで一杯です。高齢での初産という事で不安も多々ありますが、妊娠中も引き続き先生にお世話になりながら、無事に出産までたどり着けたら嬉しいです。 【Q6】そのほかご意見ご感想などございましたら、ご記入お願いいたします。不妊症に悩んでいる方に、私はこちらでの治療を是非おすすめします。きっと良い結果につながると思います。私は年齢の事もあり、なるべく早く結果を出したいと思ったので、先生と相談して週2回の治療を3カ月ほど続けた所で妊娠反応が出ました。同じ頃に産婦人科の漢方外来で漢方薬を処方して頂いておりましたが、そういった治療の併用にも大変理解があり、応援して下さいました。又、不安な気持ちをいつも受けとめて下さり、優しい言葉で励まして下さいました。先生、本当にありがとうございました。

この度はご懐妊おめでとうございます。
お手数をお掛け致しますが、 下記のご質問にお答え願います。


【Q1】どのような理由で鍼灸治療を受診なさったのですか。
不妊に悩んでいたので、インターネットでこちらの鍼灸院が不妊治療を専門としていると知り受診しました。

【Q2】鍼灸による不妊治療に不安はありませんでしたか。
以前にも鍼灸の治療を受けた事があったので、特に不安はありませんでした。

【Q3】たくさんある治療院の中で、カリカ鍼灸院を選んだ理由を、お聞かせください。
自宅から近く駐車場完備で通いやすかったことと、女性専用で色々と細かなところまで気を配って下さる所が気に入りました。あとはカウンセリングで先生の優しく誠実なところにひかれて選びました。

【Q4】カリカ鍼灸院の治療内容についてご意見を、お聞かせください。
初回の丁寧なカウンセリングに始まり、毎回の治療はいつも長い時間をかけて、とても丁寧な治療をして下さいます。鍼治療に加えてお灸やレーザーも取り入れた治療なので、例えば鍼が少し怖いと思っている方にも受診しやすい内容かと思います。治療が終わる頃には毎回とても気持ちが良く、心も身体もリラックス出来ました。

【Q5】ご懐妊なさった今のお気持ちを、お聞かせください。
長い間子宝に恵まれず悩んでいたので、自分が妊娠している事が信じられないくらいです。ここまでこられたのは先生のお力添えがあっての事なので、感謝の気持ちで一杯です。高齢での初産という事で不安も多々ありますが、妊娠中も引き続き先生にお世話になりながら、無事に出産までたどり着けたら嬉しいです。

【Q6】そのほかご意見ご感想などございましたら、ご記入お願いいたします。
不妊症に悩んでいる方に、私はこちらでの治療を是非おすすめします。きっと良い結果につながると思います。私は年齢の事もあり、なるべく早く結果を出したいと思ったので、先生と相談して週2回の治療を3カ月ほど続けた所で妊娠反応が出ました。同じ頃に産婦人科の漢方外来で漢方薬を処方して頂いておりましたが、そういった治療の併用にも大変理解があり、応援して下さいました。又、不安な気持ちをいつも受けとめて下さり、優しい言葉で励まして下さいました。先生、本当にありがとうございました。

患者様メモ

初診日平成26年8月22日
妊娠までの治療期間平成26年8月22日~平成26年12月5日
妊娠までの治療回数29回
IVF不妊専門クリニックでの治療を続け、移植を4回行ったが妊娠に至らず当院を受診。凍結卵(5日目胚盤胞)が2個残っており、10月初旬に移植を予定しているとのことでした。パソコン業務をされており、首・肩こり、眼精疲労などが散見され、また下半身の冷え、頻尿などの症状を訴えていました。8月22日から週2回の鍼灸治療をスタートいたしましたが、大変熱心な方で週2回の治療を欠かさず受診されました。一度10月に移植の希望がありました。2カ月近い鍼灸治療により、ある程度自覚症状などは改善され体調は良さそうでしたが、次の移植で必ず結果を出して欲しいと考えていましたので万全を期すために、さらに1カ月の鍼灸治療継続を提案いたしました。そして11月30日にクリニックにて5日目胚盤胞を移植。12月8日、移植後3回目の治療で来院されたときに、前日にクリニックで陽性反応を確認されたことを報告いただきました。平成27年2月23日現在、当院にて安定治療を継続中ですが順調に15週目に入るところです。